基本方針・行動基準 コーポレート・ガバナンス 内部統制基本方針 IR情報

コーポレートガバナンスに関する基本的な考え方

 当社は、「常に考える」を社業の企業理念とし、各グループの役職員が仕事を通じて人間性あふれる社会人となることを実践することにより、企業価値の最大化を追求することを目的としており、ステークホルダーとの関係を尊重し、広く社会から信頼が得られるよう、当社グループの行動基準を制定するとともに、企業価値を継続的かつ着実に高めていく仕組みを構築するため、コーポレートガバナンスの基本方針を定めて、経営判断の迅速化及び経営の透明性・公正性を高め、経営効率の向上を実現するコーポレートガバナンスの充実に努めてまいり ます。


コーポレートガバナンスの基本方針

1. 株主の権利・平等性の確保に努めます
2. お客様、取引先、債権者、地域社会、従業員等との良好な関係の構築に努めます
3. 財務情報・非財務情報を適切に開示し、透明性の確保に努めます
4. 透明・公正かつ迅速・果断な意思決定を行うため、取締役会の役割・責務を適切に果たすよう努めます
5. 株主との間で建設的な目的を持った対話を行うよう努めます


資本政策の基本的な方針

 当社は、成長戦略に基づいた一株当たり利益の増大及び株主配当の安定的な実施を、資本政策の柱としており ます。
 短期的には既存事業の育成・拡大に伴う利益の増大化、中長期的にはM&Aを含めた新規事業展開への積極的 な取組み等を基本方針として取り組んでおります。
 なお、自己株式の取得については、適宜、判断しております。